必要とするすべての人が、義肢装具を手に入れられる世界をつくる

 

About Us

世界には、義肢装具を購入できない人が約9,000万人も存在すると言われています。

私たちインスタリム株式会社は、3D-CAD、3Dプリンティングおよび機械学習(AI)技術を活用して、これまでにない低価格・高品質な3Dプリント義肢装具をつくり、世界中に届けます。

Crowdfunding

インスタリムでは、世界で初めての、フル3Dプリントの超格安の義足(従来の1/10の4万円)を実現させ、これまで購入できなかった途上国(フィリピン)の障がい者さんに義足を提供しています。
多くの人達が義足を手に入れていく中、それでも貧困ゆえに義足を購入できずに、全てを諦めて家に引きこもるしかない障がい者さんが大勢います。

このような方達が名前を連ねた私たちのウェイティングリストは、現在200名以上に到達しています(2020年1月末時点で217名)。

もちろん地元の財団や、その他CSRで支援をしていただける可能性のある企業にもお願いして回っていますが、なかなか簡単に次々とは支援をしていただける所が見つからず、今でもウェイティングリストは増え続けていくばかりです。

せめてこのうちの何名かにでも”人生を取り戻すための最初の義足”を提供するのに、日本の皆様にもご協力いただきたいと考え、クラウドファンディングに申請させていただきました。
 

今まではこのような貧困障害者さんに支援する窓口はフィリピンに設置していませんでしたが、クラウドファンディングを通して、日本の皆様にも私たちの活動にご参加いただく機会とさせていただきたく思っています。
​(2020年2月20日から3月31日までです。)

Product
Voice
User's Voices

とても軽くて、使いやすいです。快適で、ゆるむことがなく、ジャストフィットしています。なので、いつも使っています。本当の足のような形で、もう周りからからかわれたりしません。とても満足してます。(Jane  - インスタリム ユーザー)

従来の義足は部品の到着に時間がかかるし、とても高価だった。インスタリムは製作がとても早く、安価なのが素晴らしい。本当に見栄えがよく、本物の足のコピーのようです。患者のQOL(生活の質)を改善できる製品です。(Julian - 義肢装具士, フィリピン大学総合病院)  

Doctor's Voice

このシステムがあれば、義足の着用者は増えることは間違いありません。この美しい義足で、患者はより自信を持って地域に馴染んで生活していけるようになるでしょう。(Dr. Bundoc - 医師, フィリピン大学総合病院)

Prosthetist's Voice

とても軽くて、本当に色々なことができるようになりました。家のこと、庭いじりだったり。防水だから、お風呂に入るときにもとても便利です。本当にインスタリムの義足には助かっています。

( Richard - インスタリム ユーザー )

 
 
Product

Technologies

AI

3D-CAD

3D-Printer & Material

Prosthetics Design

機械学習(AI)を活用し、

プロの義肢装具士の手技を誰もが使えるようにします。

義肢装具を設計するための

専用CADを新規開発。設計時間の大幅な短縮を実現しました。

3Dプリンタと材料を義肢装具製造のために新規開発。制作時間を従来比1/10に短縮しました。

3D技術を活用して製造するための新しい義肢装具のデザインを開発。従来比1/10の価格を実現しました。

Media & News

 
 

Team

インスタリム は、世界で初めてのフル3Dプリンタ義足のインプリメンテーションを実現するため、各分野のプロフェッショナルによるチームを構成しています。

医療機器デザイナー、戦略コンサル/ベンチャー出身者、デジタル義肢装具士、AIエンジニア、3Dプリンティングエンジニア、医療セールスの専門家、ビジネスオペレーションの専門家など、相互に強みを活かしあいながら、お互いが、密接に協力・連携することにより、世界初の義足のマスカスタマイゼーションを可能にしています。

Recruit

当社では現在、以下のポジションについて人材を募集しております。求人詳細と応募方法は、以下の各リンクよりご確認ください。

※ JICAが運営する求人サイト「PARTNER」に移動します

Contact

 
FAQ

インスタリムでは、世界で初めての、フル3Dプリントの超格安の義足(従来の1/10の4万円)を実現させ、これまで購入できなかった途上国(フィリピン)の障がい者さんに義足を提供しています。
多くの人達が義足を手に入れていく中、それでも貧困ゆえに義足を購入できずに、全てを諦めて家に引きこもるしかない障がい者さんが大勢います。

このような方達が名前を連ねた私たちのウェイティングリストは、現在200名以上に到達しています(2020年1月末時点で217名)。

もちろん地元の財団や、その他CSRで支援をしていただける可能性のある企業にもお願いして回っていますが、なかなか簡単に次々とは支援をしていただける所が見つからず、今でもウェイティングリストは増え続けていくばかりです。

せめてこのうちの何名かにでも”人生を取り戻すための最初の義足”を提供するのに、日本の皆様にもご協力いただきたいと考え、クラウドファンディングに申請させていただきました。
 

今まではこのような貧困障害者さんに支援する窓口はフィリピンに設置していませんでしたが、クラウドファンディングを通して、日本の皆様にも私たちの活動にご参加いただく機会とさせていただきたく思っています。
​(2020年2月20日から3月31日までです。)

© 2019 Instalimb, Inc. All right received.

  • Facebook